倉敷市 中谷様邸 屋根外壁塗装

施工前

施工後

ソーラー温水器水漏れ修理依頼のお客様からの依頼です。
築30年程の間ほぼ手を入れる事が無くかなり痛みがある状態でした。

まずは建物全体の高圧洗浄で汚れを綺麗にします。



折半屋根部分は被膜が破れかなりサビています。

破れた被膜は削り取りサビた部分は綺麗に磨きます。

完全にサビている部分にはM.Tシーエフを塗ります。

全体に2液のエポキシ系錆止めを塗装します。



仕上げにフッ素樹脂塗料を中塗りと上塗りの計2回塗ります。
*関西ペイントのセラMフッ素を使用しています。

外壁は洗浄後養生をして密着性を上げる為にまず下塗りでシーラーを塗装します。

素地の状態が悪かったので次に下地調整の為にフィラーを塗装します。

仕上げに2液のシリコン塗料を中塗りと上塗りの計2回塗ります。



外壁が綺麗に仕上がりました。

パラペットと帯部分はケレンをして2液のシリコン塗料を2回塗りで仕上げます。





塀部分も痛みがあったので下塗りのシーラーをしっかりと塗布します。

中塗りでフッ素樹脂塗料を塗装します。

上塗りも色を変えて同じくフッ素樹脂塗料を塗布します。

今回の塗装で全ての塀の色を濃いめに仕上げさせて頂きました。

建物全体のイメージが締まって見える様になりました



ソーラー温水器の架台部分のサビはケレンしてローバルを塗布しました。



ベランダの手摺と雨戸部分もケレン・錆止め・シリコン塗料2回塗りで仕上げました。



玄関ポーチ部分と玄関ドアの枠部もケレン・錆止め・シリコン塗料2回塗りで仕上げました。

施工前と比べ深みのある引き締まったイメージに仕上がりました。

←施工事例一覧に戻る

施工エリア